自己紹介

自分の写真

色んなことに興味を持って、興味を持ったら自分でいろいろ考えてみるのが好きです。座右の銘とまで行きませんが、次の格言が好きです。

  - 人は何かについて全てを、全てについて何かを知らなければならい。
  - Try to know something about everything, and everything about something.

2018年4月15日日曜日

【歴史本】伊都国を掘る【自著紹介】

 さて、「継続しての日本古代史」の参照本の紹介の2冊目は、考古学者・柳田康雄の「伊都国を掘る」です。伊都国を掘るは、その名の通り伊都国にある王墓の発掘に携わった著者の集大成的な著作と言えます。一言で言ってしまうと、弥生時代に九州北部にて発達した王権が、畿内での原始ヤマト王権に繋がっているのではないかという仮説が書かれおります。そして、現在の糸島市における平原遺跡の発掘遺物から推論して、その被葬者は太陽祭祀を主宰した女王であり、彼女こそ魏志に載る邪馬台国の女王・卑弥呼その先代ではないかと推測されています。

 ここで重要な点は、平原王墓で発掘された鏡の状況を見ると、幾何学な文様で太陽の輝きを象徴した「内行花文」の文様を持つ鏡が5枚も発見されているということです。更に注目するべき点はこの5枚の銅鏡は日本最大の大きさであり、尚且つ「説文解字」が示す「八咫」と同じ円周の長さを持っている点です。「継続しての日本古代史」では、この太陽の象徴としての「内行花文鏡」が伊勢における「八咫鏡」への祭祀へと繋がりがあるのではないか、という視点を縦軸として論考を進めています。

  世間では、卑弥呼の鏡といえば「三角縁神獣鏡」であって、「内行花文鏡」の知名度は、よほどのマニアでないとピンと来ないと思います。しかし、魏から拝領した鏡が仮に「三角縁神獣鏡」ような神獣や神仙思想をモチーフにした鏡であったとしても、銅鏡100枚という尋常ならざる枚数を拝領した事実に、倭国側からの事前のリクエストがあったと考えれば、「三角縁神獣鏡」の前、魏との交流前に倭国で尊重された鏡こそ最も重要なものであったと考えることができます。そして事実、魏との交流前の日本で、伊都国の地で、太陽を象徴した銅鏡を依り代にした巫女による太陽祭祀の跡が考古学的な事実として我々の眼前にあるわけです。

  伊都国での太陽祭祀こそ、正に現在の我々が未だに根底に保持している日本的な文化そのものではないか、という命題を「継続として日本古代史」では論証しようとしました。誰も褒めてくれませんで、敢えて自分で書きますと、私はこの点をほぼ完璧に論じ得たと思っています。是非一読して、その出来の如何を判断して頂けましたらと思います。

 次回は、魏志の読みについての文献の紹介として、少し古い本になりますが、三木太郎の「魏志倭人伝の世界」を紹介したいと思います。


2018年4月7日土曜日

【歴史本】古代大和朝廷【自著紹介】

とりあえずは、ご報告として、「継続としての日本古代史」を電子出版することが、出来ました。この場で発表させて頂きます。製本直送さんは、非常にハイクオリティな本に仕上げて頂きましたが、その分コストが高くなってしましたが、こちらは、電子出版のため、印刷経費がすっぽりありませんので、お安くご提供できます。

アマゾンで、「岡上佑」で検索すると出てきます!!
原稿として持っていたワードのフォーマットがそのままアップできるので、拍子抜けするぐらい出版まで早かったです。

さて、当初は自分自身のの整理用だと割り切って、誰に見せるわけでもなく、せっせと書き溜めていたものですが、こうしてせっかく世に送り出した以上は、出来る限り多くの方に興味を持って見て頂けるように著者としては頑張らないと!という風な気持ちになってきました。ま、平たく言ってしまうと広報活動も少しはしないと、、、っていうことですね。そこで、本ブログでは、参照した本や論文を少しづつ紹介していくことにします。そうすることで、直接的なネタバレを回避しつつ、著作の輪郭を示せるかなと。。。

そういうわけで、第一回は、宮崎市定の「古代大和朝廷」です。

なぜこの本かといえば、それはずばり、そもそもが私が邪馬台国の論争に興味を持った契機の本となった本であるからです。宮崎市定のすごいところは、史家としての慧眼、その独自の交通史観から、邪馬台国の所在地をヤマトの地であると看破されている点です。交易路の「日本海ルート」から「瀬戸内海ルートへ」という歴史上の日本の大動脈の変遷と「日本そのもの」の成立を関連づける構想に触れると、日本の古代というなんだかわかったようでわからない存在にまとわりついていた薄靄が、爽快に晴れ行くような気持ちになりました。私の「継続のとしての日本古代史」が立つ出発点は、まさしくこの点にあります。そして更にすごいところは、そうした論証の経緯は必ずしもすべて考古学的な発見から立証したものではない、ということです。歴史家・宮崎市定にとっては、あくまで考古学的な遺物や新たな発見とは、文献資料が織り成す(嫌な表現をあえて用いれば、非科学的なストーリーでしかない)「歴史」の隅に居場所を求めるべき存在なのです。最近は世間では纏向遺跡こそが邪馬台国の大本命であるというような論調ですが、纏向があるから邪馬台国だ、というような科学的で明快な話ではない、全く別のところから、整合的で健全な日本観が出てくるところに宮崎市定のすごみというか、深さを感じるのです。

今回の「継続としての日本古代史」を書くために、いろいろな著作を参照させていただきました。次回は考古学方面から一冊、柳田康雄「伊都国を掘る」紹介させて頂きたいと思います。


2018年3月25日日曜日

【自著紹介】継続としての日本古代史

先日、アップロードした自作の本、いろいろ調べてみると、製本直送さんなら製本してそのままに発売できるらしい。面白いので、発売してみます。価格はちょっと高くなってしまいますが、読みやすいB5版・全ページカラーで作成してみました。下のボタンをポチると発注ページに飛びます。

けど、便利な時代になったものですね。しみじみ感じます。
内容については、時間があるときにちょっとずつ紹介していきます。




2018年2月24日土曜日

【第十八回】上司は部下の手柄を奪え、部下は上司にゴマをすれ【その他】

  今回取り上げたいのは、なんとも挑発的な題名の本書。内容的には、いかに穏便に会社にしがみつくか、という身も蓋もない内容である。が、これが意外や意外、これが読んでみると中々にリアリストであり、鋭い観察がある。

 青雲の志や情熱、はたまたは一個人としての大きな野望や欲望を持って仕事に取り組んでいる若い人には、決して積極的に読んでもらいたいと思う内容ではないが、会社での仕事や人間関係に愛想が尽きそうなところで、何となく仕事をやっている、というような中途半端な気持ちで毎日を過ごしている人には、ピッタリの内容ではないだろうか。ある意味の諦観と「サラリーマン人生」への賛歌がここにはある。それは、ある意味、非常に日本臭くて、昭和臭い内容であるが、そこには、人情味があるという点も否定はし難い事実なんだろうなと感じる。一方でこれは、会社という組織におけるリアリスズムというよりは、自分という存在へのシニシズム・冷笑主義なのかもしれない。

 私自身としては、読んでいるうちにこれはそうだなぁと苦笑するところ、こういう視点もあるだという新鮮な点、そして、これはちょっとなという、まだ若い気持ちからの反発を覚える点もあった。社員持株会は、社員としての税金のようなもので必ず入るべきだ、というころなんていうのは、まさに同意はできかねない点だ。私の考えでは時間という大いなる資産を会社に預けている以上、金銭的なものまで会社に預けるというのはどうにも抵抗がある。会社に居残ることを一つは人生を良くする一つの手段として見ることは同意であるが、会社の方が私より長生きである保証、会社が倒産してしてしまわない保証なんてどこにもないのではないだろうか。万一会社が倒産すれば、仕事と収入と資産を一気に失ってしまう。自分の能力や将来に悲観して、自力で会社をよくしようとする気持ちを失って、その後に、それでも如何に会社に居残るか、即ち、お金を引っ張るかというノウハウを伝える本が主張する現実主義の割には、少し矛盾していないだろうか。

 ちょっと長くなってしまいましたが、今の会社に望みを失いかけている人こそ読んで見るべき点がある、隠れた(失礼!)名著だと思います。

2018年2月10日土曜日

【自著紹介】iPad Pro 12.9inch と 論文の冊子

 かねてから執筆していた論文を表紙をつけて冊子にしてみました!
記念にアップしておきましょう。その名も「継続としての日本古代史」です!

 まぁ、ドップリ邪馬台国という感じの内容ですね。論文内容はおいおい触れることもあるでしょうが、今回、この冊子を作成するにあたっては、iPad Proの 12.9 inchが大活躍してくれました!
論文自体はもともとWordベースで執筆していて、それをPDFに直して、iPadでいろいろと校正をかけたりした感じです。今回活用したのは、下記の二つのアプリです。

1. Good notes
  言わずと知れた超有名アプリですね。PDFにペンシルで書き込みするのが楽しくて仕方なかったです。校正後は、スプリットビューで、ワードと右と左にならべて、キーボードで作業しました。このアプリは仕事でも絶賛活躍中です!

2. Canva
  デザインセンスゼロでも並べていくだけでなんとなく良い感じのカバーを作ってくれました


 iPad は断然12.9inchがいいと思います。本当にノートパソコンを開くことがぐっと減りました。電源から2ステップで仕事メールをチェックできたりするのが素敵です。たまーにノートパソコンを開くと、遅さにびっくりします。バイオの2年ぐらいまえのモデルなのですが、そんなに低スペックともおもいませんが、それでもiPad Proのテキパキ感になれると如何にももっさりしていますね。それに12.9inchなら画面の輝度を落としておけば、相当電源を気にせずに使うことができると思います。今回は通勤の行き帰りなど空いた時間にiPad片手にだいぶんと校正をすることが出来ました!

 製本は、PDFさえ用意してしまえば、今はかなり簡単にネットで製本できてしまうのですね。本当にびっくりしました。全然お金がかかってませんね。我ながら素晴らしくコストパフォーマンスの良い趣味だと思います。(ちなみに製本は「製本直送」さんで行いました。製本の依頼自体も全てiPad 12.9inchで完結しました。非推奨ぽかったですが。)

2018年1月8日月曜日

【第十七回】 親指はなぜ太いのか 【その他】

 一つの仮説の書として、なかなかスリリングな本と思います。

 もし、本書の通り、「骨猟(ボーン ハンティング)」がホモ・サピエンスへの進化の契機とするなら、なんとなく、我々の食の嗜好にも説明がついてしまう様に思いますね。我々は豚骨や鶏ガラスープが大好きですし、豆腐などのプニプニしたものや、場合によっては少し分解が進んだ肉なんかも大好きです。全部なんか、骨食や屍肉食に通じるところがありますね。ちょっと寒気がしないでもないですが。

 さらには、最近流行りの低炭素ダイエット(ロカボ)も同じ流れに位置付けることができます。つまりホモ・サピエンスの食事(ニッチ)としては、穀物食はあくまで副次的なものであって、その副次的なものを主食に据えてしまったから、血糖に問題が出てくるという理解です。

 さて、真実のほどは、どうでしょうか?

 ともかく、ググってみたらすぐに絶賛に近い書評がズラズラと出てくるほどの本で、それに間違いはないと感じました。非常にスリリングで挑戦的な良心的な仮説の書だとおもいます。

2018年1月6日土曜日

【第十六回】 日本語の歴史 【日本語】

  超久々のアップは「日本語の歴史」です。
  すごく網羅的な内容で、まさしく「概説」というところですかね。
大胆な仮説の書ではないのですが、日本語自体が非常にミステリアスな存在ですから、それでもグイグイ引かれるところがあると思います。

  ちょっと疑問なのは奈良時代の発音について、本当に手に取るようにわかるもんなんでしょうか?いや、まぁ万葉仮名の使い分けから「い、え、お」には、甲乙二種の母音があって合計8母音だっていうのは分かるんですが、その音を特定はできないんじゃないの、という話です。いま読み返してみると、母音に関しては、この「8母音」意外にも5母音説(今と一緒!)もあるって書いてあるので、結局はやっぱり不可知に属する問題なのでしょうね。

  あと、前から読み進めていくと、江戸時代辺りで急に「わかりやすく」なってくる感じも、現代日本語に近づいてきてるんだなって実感できてなんかテンション上がります。

  そんなこんなで、読んでて単純に面白い本ですので、おすすめです。